2014年11月30日

債務整理の相談はお気軽に!

藤原司法書士事務所では債務整理のご相談は土日も含め毎日受け付けております!

債務整理のご相談は藤原司法書士事務所へ!

相談料もかかりません!

出張も致します!

お気軽にご相談ください!



藤原司法書士事務所 債務整理相談センター

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/saimuseiri.html

☎0120-996-168

本日9:30~17:00まで

※但し本日は10:30,14:00に予約が入っておりますのでこの時間以外の時間になります。

その他お問い合わせ

☎099-837-0440
  
タグ :債務整理


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 08:54Comments(0)

2014年11月29日

法律相談はお気軽に!


藤原司法書士事務所は、債務整理や個人再生・自己破産などの借金問題(多重債務問題)、払い過ぎた利息を取り戻す過払金返還請求、株式会社・合同会社などの会社設立や企業法務、売掛金の回収及び売掛金が不良債権化した場合の損金処理、相続や遺産分割における親族間の紛争、遺言書の作成、相続放棄の手続き、財産分与・養育費などの離婚問題、土地建物の権利名義変更(不動産登記)その他法律に関する相談・紛争解決・手続代理を専門とする法務事務所です。
お気軽にお問い合わせくださいませ
鹿児島の皆様に信頼される法務事務所を目指してまいります。

本日 9:30~17:00


藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

相談予約専用ダイヤル ☎0120-996-168

その他お問い合わせ ☎099-837-0440
  
タグ :債務整理


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 09:34Comments(0)

2014年11月28日

相続人と遺族の違い769

11月もあと3日!遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

③代理権消滅後の表見代理

第112条
代理権の消滅は、善意の第三者に対抗することができない。ただし、第三者が過失によってその事実を知らなかったときは、この限りでない。

ここでいう善意とは何か善いことをするとの意味ではなく、法律用語で「知らなかった」を意味します。つまり一旦代理人を定めるとその相手が代理権を消滅した事実を過失なく知らなかった場合は、以前の通り代理権を有していたのと同じく取引が有効になるとの定めになります。

この3つの表見代理を見ていきましたが、夫婦の日常家事債務に関する相互の基本代理権との関係性を次回から紹介します。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  

Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 08:41Comments(0)

2014年11月27日

相続人と遺族の違い768

今年もあとわずか!遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

②代理権踰越による表見代理

これは代理権自体は有していても、その代理権には制限があり、その代理権を超えた行為をした場合に相手方が代理権を超えた行為が代理権の範囲内であったと信じるに正当事由がありかつその信じることに過失がないときにはその行為が代理権があった者として取り扱うと言うことです。少し難しい表現になりましたが、要は代理人が本人の望んでいた行為以上の行為を働いていても取引相手が過失なく権限を持っていたと言うことに正当事由があればそのような代理人を選任してしまった本人に責任を取らせようとする制度であるといえます。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 08:44Comments(0)

2014年11月26日

相続人と遺族の違い767

今年もあとわずか!遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

代理権授与の表示による表見代理と言うものは前回の例の通り要は、代理権を与えていないものに対し代理権が付与されているような外観を有しているものに対してそれを許す(放っておくまで含む)ことで他人に過失のない誤解を与えたときに本人に責任を取らせようとするものです。

ここで問題になるのが、日常家事に関して夫婦は相互に代理権を内在していることがこの代理権授与の表示による表見代理にあたるのか?と言う問題が出てきます。即ち夫婦の共有財産ならともかく一方の特有財産を処分した時にこの表見代理で有効になるか、無効になるかと言うことです。この問題に取り掛かる前に残り二つの表見代理を紹介してから取り掛かることにします。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 09:45Comments(0)

2014年11月25日

相続人と遺族の違い766

今年もあとわずか!遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

前回紹介した代理権授与の表示による表見代理は会社法の規定の方が分かりやすいので会社法の規定から解説します。

通常○○会社社長と名乗るものがいれば○○会社のトップであると認識します。しかし、そう名乗る取締役に代表権(この代表権がなければ取締役であったとしても対外的に会社の物事を決める権限は通常はありません)がなかった場合、勝手に名乗っていることを放置していた時には取引先がその事実を知っていたまたは過失で知らなかったときを除き代表権があるものと取引したことになる即ち会社自体との取引が有効になると言うことになります。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 08:53Comments(0)

2014年11月24日

相続人と遺族の違い765

今年もあとわずか!遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!

前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

①代理権授与表示による表見代理
第109条「第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負う。ただし、第三者が、その他人が代理権を与えられていないことを知り、又は過失によって知らなかったときは、この限りでない。」

これは、代理権を与えていないけれど代理権を与えたような誤解を本人が生んでしまった時に相手方がそれを知らず且つその知らなかったことに過失がない場合、代理人の行為を本人に責任を取らせると言うものです。この条文の他に会社法でも「第354条 株式会社は、代表取締役以外の取締役に社長、副社長その他株式会社を代表する権限を有するものと認められる名称を付した場合には、当該取締役がした行為について、善意の第三者に対してその責任を負う。」と同様の規定が存在します。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168  
タグ :法律相談


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 12:37Comments(0)

2014年11月23日

3連休中でも対応しております!

藤原司法書士事務所では平日お忙しい方のご要望にお応えして、連休中でも法律相談に応じております!!

また鹿児島県下(近隣県でも対抗可能!)出張相談も応じておりますのでまずはお気軽にお問い合わせくださいませ!

多い相談内容

・借金問題(債務整理、自己破産、過払返還など)

・相続問題(相続登記、相続放棄など)

・近隣関係

・離婚問題

その他法律問題に関する諸問題に対応しております!

法律相談予約専用ダイヤル

☎0120-996-168

※あくまで面談の予約のみを行えるダイヤルです。この番号で相談自体は行えません。

その他お問い合わせ

☎099-837-0440



藤原司法書士事務所 なんでも相談室

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/
  
タグ :債務整理


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 08:38Comments(0)

2014年11月22日

借金問題でお悩みなら!

相談無料の藤原司法書士事務所へご相談ください!
藤原司法書士事務所では平日のみならず土日祝も受け付けておりますので平日お忙しくてなかなか相談できないお客様への対応も可能です!
まずは、予約専用のダイヤルへ!
☎0120-996-168 法律相談予約専用ダイヤル
※このダイヤルで相談自体はできませんのでお気をつけてください
また借金問題以外の相談も随時受け付けております。
電話でのお問い合わせもしておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。
☎099-837-0440

藤原司法書士事務所 債務整理相談センター
http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

本日9:30~17:00
  


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 11:38Comments(0)

2014年11月21日

相続人と遺族の違い764

今年もあとわずか!遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

本来無権代理は無効ですが、本人に帰責理由があるような場合、本人にその責任を負わせる制度が「表見代理」です。この表見代理には3つのパターンがあります。

一つ目は代理権を与えていないにもかかわらず、本人が与えたような誤解を生む行為を行ったというもの、二つ目は代理権自体与えていたけれどその与えた代理権には制限があったにもかかわらずそれを超えて代理人が代理行為を行ったというもの、三つ目は過去に代理権があったけれど現在は消滅していたにもかかわらず代理行為を行ったと言うものです。

次回は一つずつ詳しく見てきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :離婚相談


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 09:07Comments(0)

2014年11月20日

相続人と遺族の違い763

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

無権代理人の行為は原則無効でその責任は無権代理人が負うことになることを前回紹介しました。

しかし、全ての無権代理人の行為が無効になる訳ではありません。本人がその行為を追認すれば遡って有効になる場合もありますし、ある一定条件が整うと有効になる場合があります。

その一定条件とは何か?

無権代理人には本人の授権(又は法律上の授権)が無ければ無権代理人の勝手にした行為でありますが、本人が無権代理人に授権をしたような誤解を相手方に与えていたとすれば相手方からすれば本人の代理人と誤解していたわけなので本人が「いや代理人ではない」と言っても「いまさら何を!」となります。

この様に本人が相手方を誤解させるような事に何かあった場合に本人に本来であれば無権代理行為を有権代理行為に転換させることつまり本人に責任を負わせることを「表見代理」と言います。

次回はこの表見代理を詳しく見ていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 08:30Comments(0)

2014年11月19日

相続人と遺族の違い762

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

さて、代理人が本人に成り代わり法律行為等を行うには法律上若しくは本人からの授権が必要になってきます。この授権行為がなければその行為は無権代理と言うことで当然に無効です。考えてみれば当たり前で、自分の知らないうちに勝手に他人が自分の代理人と称して何かしでかしたその責任を負うことになればたまったものではないですし、社会も混乱します。但し、本人がその行為が有利であると判断した時には追認と言う形で有効に転換することも可能です。子の追認が得られなかったときにはその無権代理人は責任をとることになります(民117)。

任意代理の場合授権行為がなければ原則無効ですし、法定代理人の場合、基本法律が代理権を与えていますが、一部例えば親の利益と未成年者の利益が競合するような場合(典型例は遺産分割協議が当たります)親が子供の代理を兼ねることができず、その時は別途代理人を立てなければなりません。(この場合は単に知り合いで済ませるなどできず、家庭裁判所にその申立をして家庭裁判所が選任した代理人でなければなりません)

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうござます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  

Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 10:08Comments(0)

2014年11月18日

相続人と遺族の違い761

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

代理人とは、本人に成り代わり法律行為等を行うことで本人自身がその行為の結果を直接受けることができる制度です。よくドラマなどでは弁護士が「代理人です」と言ってそのドラマ内で物語のキーマンになったりしますが、弁護士に限らず世の中にはかなり利用されている制度です。その代理権が法律上当然に発生している場合と本人との契約による場合があります。前者の代表は未成年の子に対する親権者の行う行為や会社(法律上一人の人間として扱われるいわゆる法人)の代表取締役などがあり、後者は先ほど紹介した弁護士などがあります。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 17:18Comments(0)

2014年11月17日

相続人と遺族の違い760

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

この日常家事に関することで、夫婦の互いが互いの代理人になれることが実務であると言うことを前回紹介しています。しかしそれは、夫婦の日常家事に関する事であり、また財産処分も夫婦の共通財産に限られるはずです。では、夫婦の共通財産でない財産=特有財産(共有財産ではない夫婦の一方のみに属する財産)を相手方配偶者がもし処分してしまった場合、どうなってしまうのでしょうか?

特有財産であるので当然無効と言う考え方もありますが、一方で「表見代理」に類するので有効と言う考え方も存在します。

この聞き慣れない「表見代理」の解説とともにこの問題を考えていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 12:41Comments(0)

2014年11月16日

借金問題でお悩みなら!

相談無料の藤原司法書士事務所へご相談ください!

藤原司法書士事務所では平日のみならず土日祝も受け付けておりますので平日お忙しくてなかなか相談できないお客様への対応も可能です!

まずは、予約専用のダイヤルへ!

☎0120-996-168 法律相談予約専用ダイヤル

※このダイヤルで相談自体はできませんのでお気をつけてください

また借金問題以外の相談も随時受け付けております。

電話でのお問い合わせもしておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

☎099-837-0440



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

本日9:30~17:00まで
  
タグ :債務整理


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 09:35Comments(0)

2014年11月14日

相続人と遺族の違い759

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

この日常家事債務について、単に日常家事による債務の連帯責任を認めたものとしての意味合いだけではなく、日常家事に関する事項について夫婦の共有財産を処分する権限=即ち相手方の代理人として処分できる権限をもつとされています。(共有物を処分(売買など)するには全員の同意が必要(民251)となっているので夫婦の共有物を一方が処分するにはもう片方の同意か代理権が潜在的に有していなければならないと言う理屈)

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続婚姻


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 09:43Comments(0)

2014年11月13日

相続人と遺族の違い758

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

日常家事とは具体的にはどのようなものが当たるのでしょうか?

夫婦の一方の個人的趣味に関するものやギャンブルに関するものが該当しないことは当たり前とも言えますが、日用品の購入や電気ガスなどの光熱費はもちろん子供の塾の費用や生活家電の購入などは日常家事に該当するとも言えます。ただ、これは各家庭によって事情が異なりますので個別的に判断するしかないようです。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 12:37Comments(0)

2014年11月12日

相続人と遺族の違い757

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

婚姻費用分担の他に夫婦は日常家事に関して連帯責任を負うとされています。まずは条文を確認します。

第761条
夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでない。
原則夫婦は個人が作った借金など保証人になったなどの事情がない限りその責任は負いません。例えば夫がギャンブルで作った借金を妻が責任を負わなければいかないと言うことはありません。しかし借金が日常家事に関するものであればその責任を負うことになってきます。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうござます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎0120-996-168

  


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 11:32Comments(0)

2014年11月11日

相続人と遺族の違い756

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

前回紹介した親族間以外にも相互扶助義務が課せられる場合があります。それは「三親等内」であって「特別な事情」がある時に「家庭裁判所」の判断で負わせることができるとされています。三親等内と言うのは例えば叔父叔母、甥姪などが当たります。また特別な事情は扶養を受けるものが証明する必要がありますし、仮にその義務が負わせられたとしてもそん後事情に変更があれば、家庭裁判所がその審判を取消、義務を免除することもできます。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440
  
タグ :相続


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 09:39Comments(0)

2014年11月10日

相続人と遺族の違い755

遺産相続に関するお悩みをお持ちなら相談無料の藤原司法書士事務所へ!土日祝も営業しております!また相続以外でも債務整理に関する相談も受け付けております!藤原司法書士事務所では、鹿児島の地域の皆様に愛される事務所を目指して参ります。宜しくお願いします!
前回まで法律婚と事実婚の違いを取り上げていました。

今回もその続きです。

前回紹介した婚姻費用分担義務、これは夫婦の協力扶助義務である内の費用面を再確認しているものと言われれています。民法ではほかに直系血族及び兄弟姉妹には相互扶助義務があると定められていますが、その程度には微妙な差があるとされています。例えば親が子を扶養する義務は、例えば一つのパンがあるとすればそれを分け合うような関係の扶養義務があるとされそれを「生活保持義務」と呼んでいます。これに対し兄弟姉妹や子が親を看る扶助義務はパンをまず自分が食べなお余裕があれば分け与える程度の義務「生活扶助義務」であるとされています。夫婦間の強力扶助義務は当然前者であるとされています。

次回に続きます。

ここまで読んでいただきありがとうございます。



藤原司法書士事務所

http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/

☎099-837-0440
  


Posted by 鹿児島の身近な法律家 藤原司法書士 at 13:24Comments(0)